リアルタイム閲覧者数:1人

 

卒業旅行おすすめ

 卒業旅行海外旅行おすすめします。

 卒業旅行で海外旅行をおすすめする理由は、就職すると時間がなくなるからです。 大学生活という、時間が豊富にある間に、時間のかかる遊びはやっておきましょうということです。 もちろん国内旅行を否定するわけではありません。

 私自身、大学4年生の間に海外旅行に2か国、国内旅行に1か所行っています。 イタリアと台湾、有馬温泉ですが、すべて卒業旅行の一環でした。

 というのも、卒業直前の2月3月というと、引越しや運転免許の取得で忙しく、 海外旅行に参加できない友達もいたためです。 そこで、プレ卒業旅行としていろんな友達と旅行へ行ったわけです。

 3泊4日の台湾旅行、1泊2日の有馬温泉旅行、9泊12日のイタリア旅行

 どれもとても楽しかったです。



 

卒業旅行おすすめエリア

 卒業旅行海外を選ぶ場合、おすすめのエリアはヨーロッパです。

 というのも、ヨーロッパは非常に遠く、往復の移動だけで3日を費やします。 就職後、ゴールデンウィークにヨーロッパへ行こうものなら、旅行の半分が移動で終わってしまうのです。 これだけ遠く離れた地域へ旅行ができるのは、学生の特権かもしれません。

 ヨーロッパの中でも大学生に人気なエリアは、イタリアドイツフランスオーストリアスイスです。どれもオシャレで魅力的な地域ですね。

 私は9泊12日でイタリアへ行きましたが、人によっては1ヶ月使ってヨーロッパへ行き、 スイス、フランス、イタリアと回ったグループもありました。

 大学生はとにかく時間が豊富にある最後のチャンスですから、 お金と相談しながら有効に長い旅行を組みましょう。

 その他、台湾中国シンガポールベトナムといったアジア諸国もおすすめです。 ヨーロッパと違い、物価が安いために、大学生でも豪遊が可能です。

 豪遊とは言っても、私はそれほど無駄遣いをしたわけではありません。 ただただ飲み物が安い、食べ物が安い、タバコが安いので、日本にいるときより贅沢をした程度です。 それでも帰国したときに大してお金を使っていなかったことになるのですから、すごいものです。

 台湾を例に挙げると、肉まんは1個50円、タバコは1箱200円、紙パック飲料は30円~50円。 お昼ご飯は300円もあれば十分食べられますし、 夜、高級料理店で3000円分も払えばお腹が破裂するほどの大量の料理がテーブルに並びます

 日本だと何万円もするようなオシャレで広いホテルが1泊5000円程度で使えますし、 お土産も財布の中身を気にせずに買い放題できます。

 

卒業旅行は何度も行こう!

 卒業旅行何度も行きましょう

 卒業旅行だからといって、海外旅行を1回しかしてはいけないなんてルールはありません。 友達と行く旅行は非常に楽しいものです。1回行けば、また行きたいとなるのは確実です。 そこで、卒業旅行は早めに行って、2回目を計画しましょう。

 また、海外に限る必要もありません。 国内であろうと海外であろうと、あらゆる友達と卒業旅行に行けるように、 何度も旅行を計画するべきです。

 というのも、どんなに仲良くても就職して、住む場所が変わるとなかなか大学時代の友達とは会えなくなるからです。 私も就職してから2年経ちますが、頻繁に会えるのは1人、2人なものです。

 卒業してから後悔しても遅いのです。時間のある大学生のうちに、 友達とバンバン旅行に行きましょう。

 そのためにはもちろんアルバイトなどで旅行費用を稼ぐ必要があります。 大学生にとって20万円は大金です。就職すれば1ヶ月で稼げる金額ではありますが、 就職すると旅行に行く時間がありません。

 時間とお金のバランスが取れないので困難ではあります。 しかし旅行の楽しさの経験から、親に借りてでも旅行することをおすすめします。

 

卒業旅行の醍醐味は非日常の体験

 私が卒業旅行海外旅行をおすすめするのは、 時間も理由の一つですが、もう一つ理由があります。

 それは非日常の体験です。

 国際感覚を身に付けるだとか、語学力のためだとか、自己成長だとか、そんなことは言いません。 単に非日常を体験することとても楽しいのです。 海外旅行は今体験できる最大の非日常です。

 そして、卒業旅行はまたとないチャンスです。 今いる友達と、試行錯誤しながら旅行の計画を立て、日本語が通じない地域で、 全力で遊ぶのです。

 大学生ならその手間も面倒事も楽しむことができます。 あとで「海外旅行に行っておけばよかった」と後悔することのないよう、 じゅうぶんに遊びつくしましょう。