リアルタイム閲覧者数:1人

 

【イタリア旅行】食事・レストラン

 イタリアでの食事レストラン事情について解説します。 イタリア旅行の醍醐味の一つは、食事です。イタリア料理店は、日本では高級なもので、 かなりお金がかかります。しかし、イタリアでは日本の定食くらいの値段でイタリア料理が食べられるのです。

 しかしイタリアでレストランに入るときには注意することがあります。 また、レストランではなくスーパーで惣菜を買うという手段もあります。 いろんなイタリア料理を試してみましょう。



 

レストラン

 イタリアレストランについて解説します。 イタリアのレストランは、台湾や東南アジアほど安くはありません。 しかし、日本でイタリア料理を食べる事を考えたら非常に安いです。

 1品あたりの価格は高めですが、量も多いです。 前菜、メイン、デザート等のようにいくつも注文すると腹が裂けます。 普通の日本人ならメイン1品だけで足りますし、前菜を注文したかったら3人で1品くらいにしておいたほうがいいです。

 ピザはでかいです。宅配ピザのMサイズを1人で食べられないくらいの胃袋ならば、 これも複数人で共有したほうがいいです。 またチップの代わりにサービス料が、注文価格の10%程度請求されます。

 レストランは入口にメニューと価格が表示されているのでそれを見てから店に入りましょう。 およその予算は1品だけの注文でサービス料含めて1人10~15ユーロです。

 ドリンクは高めです。日本のレストランでドリンクを注文するくらいの値段はします。 ワインを飲むときも、メニューは必ず見てから決めましょう。

 また、日本語で話しかけてくるレストランはぼったくられる可能性が高いので避けましょう。 観光地なので簡単な英語は伝わりますし、どこのレストランでもメニューに英語表記があるので、 日本語メニューのある店を探さなくても大丈夫です。

 

スーパーの惣菜

 イタリアではスーパーにある惣菜コーナーで惣菜を買うという手段もあります。 スーパーの惣菜をなめてはいけません。いろんな種類の惣菜がそろっており、 レストランに比べて非常に安価です。惣菜やワイン、ビールなどを買って割り勘にすれば、1人あたり7ユーロ程度で済んでしまいます。

 物価は日本とあまり変わりません。円安なのでむしろ高いかもしれません。 しかしスーパーではわりと安価で食べ物、飲み物が手に入ります。

 ミネラルウォーターは1本20~50セント、清涼飲料水はコーラ、ファンタオレンジ、スプライトくらいしか種類がありませんが、 1本80セント程度。これらはホテルの自販機やBARで購入すると価格が3倍以上に膨らみます。

 ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアやミラノなど、次の目的地に着いたら早めにスーパーを見つけることが重要です。 朝食もBARのコーヒーとパン1つで物足りなければ、スーパーでワンカットのピザを購入すればいいのです。 スーパーはイタリア旅行の要です。

 スーパーや惣菜屋さんの惣菜(ガラスケース越しに注文するもの)はとても安く、他にワイン等を購入しても、 1人あたり7ユーロ程度で晩御飯になります。 ピザを1カットで売ってくれる店をみつけて有利な食事をしましょう。

 そこら中で見られる「BAR」と書かれた店は、居酒屋ではありません。 イタリアでのバーは喫茶店やカフェに相当します。そのため飲み物等は高価です。 バーで飲み物を買うのは避けましょう。

 

イタリアでの食事

 イタリアでの食事はレストランやスーパーの惣菜に限りません。 コンビニはないのですが、マクドナルドや喫茶店は存在します。

 海外旅行へ行ってまでマクドナルド!?と思うかもしれませんが、 海外ではご当地マクドナルドが楽しめるのです。

イタリアのマクドナルド

 フィレンツェ中央駅付近のマクドナルドで購入した「マックロイヤルデラックス」です。 日本にはないメニューを体験するのもいいですね。 イタリアでも24時間営業している店は多いので便利です。

 案の定、イタリアのマクドナルドはMサイズでも日本のLサイズを上回っています。 ドリンクもポテトも非常に量が多いです。間違ってもLサイズを頼まないように注意しましょう。

 ちなみにポテト用のケチャップとマヨネーズをつけるかどうが聞かれますが、 どちらもそれぞれ20セント程度かかるので、不要ならばその旨伝えましょう。 また、100円マックならぬ1ユーロマックもあります。

イタリアのスイーツ

 上のように、イタリアのスイーツもまたイタリア旅行の醍醐味の一つです。 レストランでピザばかりでなく、いろんな喫茶店を探してみて、 こういうスイーツを味わうのもいいですね。

 旅行は歩き回ってばかりですので、疲れもたまります。 昼食を安く済ませて、喫茶店で休憩するのも一つの手ですね。